読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シマウマ英語|「とにかく英語圏の国に行く」とか「英語を母国語とする知人を作る」とか「映画を原語のまま観たり…

TOEIC等の英語能力テストは、一定間隔で実施されるものなので、頻繁にテストは受けられませんでしたが、いわゆるCASEC(キャセック)は、ネットを使ってしょっちゅう挑戦できる為、模試的な意味での実力チェックとして最適でもあります。

 

「とにかく英語圏の国に行く」とか「英語を母国語とする知人を作る」とか「映画を原語のまま観たり、英語圏の音楽や外国語のニュースを聴く」等の多くの方法が提案されますが、なによりも基本となる英単語を2000個以上は諳んじるべきです。英語を身につけるには、始めに「英文が読める為の文法」(文法問題に答えるための受験勉強と分けて考えています。)と「最低限覚える必要がある英単語」を修得する勉強時間が絶対に外せません。とりあえず直訳することは排除し、欧米人の表現自体を取り込む。日本語の発想方法でなんとなく文章を作らないようにすること。普通に使うことの多い表現であれば、それだけ日本語の語句を変換しただけでは、自然な英語にならない。『英語が自由自在に話せる』とは、喋りたいと思った事がすぐに英会話に変換出来る事を表し、会話の中身に応じて、何でも意のままに自分を表現できることを指しています。おすすめできるDVDによる英会話教材は、英会話に必要な発音と聞き取りを主要30音で訓練するものです。30個の音の唇の動かし方がかなり分かりやすく、有用な英語の力というものが自分のものになります。英語の教科書的な知識などの知的技術だけでは、英語を話すことは難しい、それらに代わって、英語的な「心の知能指数」をアップさせることが、英語を流れるように話すためには、最優先で必須事項であると掲げている英会話教育法があるのです。英会話を勉強するといった場合、ただ英語による会話を学ぶことに限定するのではなく、多くは聞いて英語が理解できるということや、スピーキングのための勉強という意味が入っていることが多い。よく言われる英会話のトータル的な力を磨くために、NHKの英会話プログラムでは、毎回ある題材を用意して談話により話す能力、その他に英語のニューストピックスや歌などの多岐にわたるネタを用いることによってリスニングの能力が体得できます。スカイプによる英会話学習は、通話にかかる費用が0円なので、かなり財政的に嬉しい勉強方法。家にいながらできますし、空いた時間に場所も気にせずに英会話を勉強することができるのです。一般にコロケーションとは、併せて使うことが多い2、3の単語の繋がりを指していて、スムーズな英語で話をするためには、これのトレーニングが、すごく大切だと断言できます。多種に及ぶ用法別、多種類の状況別のテーマに合わせた対話劇により会話力を、英語のトピックやイソップ物語など、種々の教材を用いて、ヒアリング力を会得します。iPod + iTunesを使用して、英会話番組を購入して、どんな時でも、様々な場所で英会話トレーニングができるので、少し空いた時を適切に使うことができて、英語トレーニングをスイスイと継続することができます。携帯やモバイル端末等の、外国のニュース番組が聞ける携帯ソフトを日々使うことで、耳が英語耳になるように頑張ることが、英語上級者への近道と言えるでしょう。ふつう英語には、特殊な音同士の関係があることをご存じですか?このことを着実に理解していないと、大量にリスニングの訓練をしても、英会話を聞き取っていくことが困難なのです。